スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SILVER その2 

Even
silver oslo2

そんなこんなでライヴが終わり、とりあえず私は後方にあったソファに座って休憩。。
重たい土産もなんとかしたいけど、体調不良と疲労のためか、なんだかもう、どうでもいいや…的な投げやりな気持ちにもなりかけていた。
(いやーでも、この1ℓの日本酒とじゃがりこ、持ち帰るのは、それだけはイヤだな…とかね
やっぱり誰か関係者らしき人に預けよう!
と思いつつ、とりあえずライヴスペースの外へ出た。
MANGA CAFEのようなサロン?スペースがあり、日本の漫画が本棚にあった。
で、確かその向かい側にマーチャン売り場のスペースがあり、TシャツやらCDやらパーカやら、
色々とグッヅがありました。
サーっと見るだけ見て、「…まあいいか。。」

再びライヴスペースへ戻る。
もう観客はほとんどいなくて、ステージでは撤収作業が始まっていた。

ここで私は考えます。
さて、どの人に渡したら一番いいかな。。?

ステージを見つめていたら、元メンバー(drums)のKimを発見!
 実は彼の姿は、開始前でのステージ上でも目撃していた。
あれっ、Kimがいる
えー、手伝ってるの??(まあギターのTommy弟だし、元メンバーだし、地元ライヴだし、いても不思議はないか。。)
そのKimが撤収作業に加わっていたので、迷わず彼に渡そうと思い、私はずんずんステージへ向かっていった。

そして…
「私日本から、東京から来たんだけど、これバンドに渡して。」
ここまで完遂して初めて私の任務(??)が終わると思っていたので、
もう淡々と。渡したらサッサと帰ろうと思っていました。

すると彼は、ちょっとメンバー呼んでくるから、と言いステージ袖に引っ込んでしまった。
「エ~」と思ったけど、まあ待っていました…
すると出てきたのは、新ドラマーのJonasだった。

!!!

じつは、新譜を聴いて私は、密かに(??)彼のドラムに目じゃない耳が釘付けになっており、
上手いし、なんていうか、新作のスタイルに凄く合っていると感じたし、個人的に大好きだ…と思っていたから。
顔はちょっと、コワモテなんだけどね。
Jonas  Even
Jonas & Even ( pic by Kim Molander )

でまあ、そのJonasがニコニコ顔でステージに現れたのです。
Kimに言ったのと同じ事をもう一度伝えると、ステージから降りてきてしまいました。。
「メンバーのところに案内するから一緒に来て!」と。

えええちょっと!!!
と思いながらも後ろをついて行く私。
「グッヅはもう見た?Tシャツとか。」と聞かれたので、
ウソついて「いえ、まだ見てません」
するとちょっと前にスルーしたマーチャン売り場へ。。
そして「どれがいい?サイズは?」と聞かれた。
彼もジップアップパーカを着ていたのですが、「ほら、僕が着てるようなやつだよ!」とニコニコ
(これって…。少し安く売ってくれるっていうことかしらー??
えええ、まあいいか…)
とりあえず、じゃスモールサイズ。。と答える。
売り場の女の子が私に手渡してくれる。
次に「じゃTシャツはどれ?」と聞いてくる。
ええええ、ちょっとちょっと~
戸惑ったのですが、
それじゃーこの双頭の鷲のがいい!と答えました。ガーリーサイズ!!

ガーリーサイズはもう在庫なしだったとみえて、ディスプレイされていたものを取り外してくれました。
Jonasも、「last one!」と。
おまけにオフィシャルサイトで見ることができる廃墟っぽい風景?写真のステッカーまで
渡されてしまったのでした。
彼が言うには、これもOsloの写真だよ!とのこと。。

…どうやら私にプレゼント?してくれたみたいでした(!)。
silver oslo23
翌日、ホテルの部屋で撮った写真
silver oslo24

ここでようやく、じゃあこっちへ…と案内されると、そこはなんとバックステージ!!!
入り口付近にPeterが壁に寄りかかって立っていましたが、なんだか不機嫌そう?でした。
それでまあ、中へ入っていくと、Jonasは早口のノルウェー語で何やらまくしたてている。
おそらく、東京から僕らのライヴ見に日本人が来てるよー!とか、まあそんなような事を言っていたのではないでしょうか。
そして私に、「バンドメンバーの家族だよ」、そばに数人いた女性について、私にそう教えてくれました。

しばらくして…出てきたのが、Ivar!
すでに着替えていたけれど、なんだかやっぱり凄み?が効いていて、嬉しいんだけど非常に緊張してしまいました
歌う時とは違ってソフトで優しい声(ゴメン)だったような。。
土産をとっても喜んでくれ、私も嬉しかった。
実はバレンタイン用に可愛いチョコを買っており、旅先でイケメン君にでも会ったらあげようかな~と思っていた。(→あほ)
でもSILVERでいいや。と思い、紙袋の中に入れておいたのです。
目ざとい?Ivar、これ何?と聞いてくるので、
「あ、チョコです。。」
じゃがりこを見たKimは、これはキャンディー?と聞いてくる。
いやー、イモスナックだよー。と私。
Tommyは紙パック入りの日本酒を見て、MILKみたいだ!と言っていた。
ハハハ、確かにね。
でも中身はアルコール、酒だからね~、と言っておきました。

Jonasは、「じゃ僕は片付けしてくるから」と、去っていく。
思わず私は日本語で、arigatou:)と、精一杯の感謝の気持ちを込めて彼に言いました。
そして最高のスマイルを返してくれた。
とってもフレンドリーに接してくれたJonas、ドラムも好きだけど、人柄も伝わってきて、ますますファンになりました。。

それからバックステージを出て再びマンガ・カフェのようなサロンのほうへ行くと、Ivarがいた。
勇気出して二人写真をお願いしたら、快くOK
近くには、さきほど楽屋でファミリーと紹介された女性がいた。
で、彼女にお願いしたのですが…
なんだか見覚えあるような。。。?ブロンドのロングヘアにこの顔は。。。
ヒ、Hilma だっ!!Ivar妹にして SERENA MANEESHのべーシストです。
あぁビックリ。思わず、「あなたはHilma??」と聞いてしまいました。
彼女はとっても背が高く、話をする時は、身長169cmの私でも、かな~り見上げるかんじになります。
兄はそれほど背は高くないのですが、彼女はもう、メチャメチャ長身でした。
Hilmaは撮っては確認し、ウーン…という表情をしつつ、結局3枚も撮ってくれました。
silver oslo21

silver oslo22

この後ファミリ(Kim、Kim&Tommyのママと妹)と話もし、
特にママとは色々話しました。。
ここでさらに、忘れかけていた土産を思い出した私。

それは日本の五円玉です。
なんでも穴のあいたコインは海外では珍しいらしいし、5じゃなくて五だし、
五円=ご縁(good relationship)という意味も込めて海外でプレゼントすると喜ばれるとか…
そんな話を聞いたので、わりとキレイな五円玉を事前にかき集めていたのでした。
(でもノルウェーに来てからわかったのですが、あちらの硬貨には穴あきのものがあるんですね。。
デンマークにも。)

ママ達と話している時に思い出し、たどたどしく説明(理解してもらえなかったかもしれないけど)してジャラッとぜんぶ渡しました。
メンバーにも渡しておいてね、と。
 さて帰るか、と思い、じゃーバイバイ!と手を振り会場の外へ出た。
すると…

ちょっと待って。と呼び止められて、誰か来た、と思ったら。
Tommy弟のKimだった。
「これ(五円玉)、君から直接メンバーに渡しなよ!えっと、6人だから、ハイ!」
と、バンドメンバーの人数分の五円玉を渡されてしまった。。

(え~、いいじゃん、あとで渡してくれればさあ~!)
そして彼は、「この後みんなココにいるんだ!ちょっと待ってて、呼んでくる!」

ココというのは、
DE VILLE'S というロックバーのような店。
SubSceneの隣にあるのです。
どうもTURBOJUGEND OSLOの溜り場?らしい。
OSLO支部のページを見ていた時だろうか、なんかそんなようなことが書いてあった為、
店のサイトをチェック済みだった私。
そして、この日ライヴ後にSILVERのアフターパーティーとDJタイムあるよー、誰でもウェルカム~
というお知らせも運良く発見していた。。

当初はライヴ後に行く気満々だったのだけれど、この時はもう、サッサと帰ろうと決めていた。

でもKimに呼び止められ、寒いなか、店の前でしばし待つ。
(ここでTJジャケットを着た人を一人だけ発見!)
あ、誰か来たー。と思ったら、
なななんと、Evenがぁ~っ

そういえば、バックステージでは彼には会わなかった。。
そう思うとこの状況、緊張するけど、ありがとう~Kim-!

Evenの顔立ちはくどくなく、なんていうか、ちょっとエキゾチックなクールビューティ…(男だけど)ってかんじがしました。ちょっと消えかけたアイラインもそのままに。。。
(ちなみに私が気づいたかぎりでは、IvarとJonasもアイライン引いてます)

しばし二人っきりで立ち話。
たいした会話はできなかったけど(私の語学レベルでは)
オスロ寒いねー、とか。
私JUGENDメンバーなんだよーとか。
 Evenも、僕らこれからここにいるから、よかったら来ない?
というような言葉をかけてくれました。
でも翌日の昼過ぎにはStockholmへ移動することになっていたので、
少し眠りたいし、疲れもあるからホテルへ帰るね。と言いました。

そして帰りしな、私は突然Evenをガバッとハグ(あ、かる~くね、ほんの一瞬ですよ、軽~く…)し、
じゃーバイバイ♪と言いながらホテルへ向かって歩き始めた。
一瞬固まっていたように見えたけど、まあ許してね

午前0時過ぎの暗く寒い夜の道、足取りも軽く、心はポカポカでホテルへ戻りました。
そういえば、気分も良いし、ウソのように体も軽い。

知り合いでもなく単なるファンだけど、いろいろと話をすることができたからかもしれない。

海外ライヴでは、何かしら記憶に残る体験をさせてもらっている私ですが、
今回のSILVERは、ハノイやヘラコと比べれば、そりゃあ、超マイナーでしょう…。
でも、そうは言っても、これほどまでの体験をしようとは、想像もしていませんでした。

SILVER & family、ほんとうにほんとうにありがとう

では最後になりましたが、ぼやけた下手っぴライヴ写真をどうぞ…
シャッター押す回数も非常に少なかったため、保存した写真はほぼ全てUPします。。
silver oslo3

silver oslo4

silver oslo5

silver oslo6

silver oslo7

silver oslo8

silver oslo9

silver oslo10

silver oslo11

silver oslo12

silver oslo13

silver oslo14

silver oslo15

silver oslo16

silver oslo17
唯一のPeter写真
silver oslo18

silver oslo19
これ、どの曲か覚えていませんが、曲間でEvenがギターを弾きながらステージから降りてきて、
まさに私の隣をすうっ、と通ってフロア中央で弾きまくっていた。
見ないでシャッター押したので、ボケてます
silver oslo20

以上、SILVER in Oslo でした。

スポンサーサイト

コメント

す、凄い・・・v-12
ここまでのサプライズとはーi-199i-199i-199
想像以上の展開に興奮&ニヤニヤが止まらないですv-42
嗚呼、この日記一行一行にコメントしたいぐらいv-10

しかし、皆なんてフレンドリーで優しいんだ~!!!
特にJonas!!私もパワフルでキレのある彼のドラム好きですv-353もうめっちゃ良い人だしv-408私ももっと好きになりましたv-343

Ivarの
>ソフトで優しい声
に、クラクラきましたv-347あんなに叫ぶようにして歌うのにそのギャップがまた・・・v-10
でも、歌声も少し鼻にかかって甘い時ありますもんねv-343
HilmaはMikaさんが前に日記に動画を貼って下さってましたよね。
Ivarより長身?彼女もクールービューティーですね♪

Kimも来てただなんて!
ライブに沢山家族が来てたり、SILVERが皆に支えられてるのが凄く嬉しいv-344

Mikaさんとメンバーのやり取りも微笑ましいし、なんといってもEvenとの・・・i-237キャー!!
私、ずっと一人でニヤついてて怪しい人になってるi-278
でも、ここまでの流れがドラマッチックで、もうなんだかお腹一杯って感じです(幸せ~v-353)

日本ではホント情報少ないから、めちゃめちゃ貴重なOsloでのSILVERを知ることが出来て感激です!!!あと、ちゃんとマーチャンがあるのも驚いた(失礼な^^;)
かっこいい!i-199

あんなに辛そうな体調だったのに、報告の使命感を持って観てくれてただなんて本当にありがとう!!!写真もこんなに。
とってもとっても嬉しいですv-408

Mikaさんが観に行って良かったと思えるライブで本当に良かった。
ご縁がまたSILVERに導いてくれるよ、きっと。

やっぱSILVER大好きー!!!
今回再確認しました^^

KIRIKAさん

ね?もう本当にビックリv-405v-345でした。。
Jonasと、それにKimですね。。
Jonasのあまりのフレンドリーさに恐縮すらしてしまいました。
(ほかにもパーカ等、色々いただいてしまったし…)

でも今考えるとこの展開、Kimのはからいのおかげなんですよねー。
なんて良い子(キャー失礼)なのでしょうか。
五円玉を私に戻してくれたのも、Evenを呼んできてくれたのも、Kimなんですものv-290
もしかして、既にこの時点で五円玉のご縁パワー(?)が!?

KIRIKAさんに楽しんでいただけて、私もとっても嬉しいv-290i-237
どんなにマイナー(ううう…)でも彼らがバンドを続ける限り、極東の地から応援しましょうね!

うん、私もあらためて思ったよ。
SILVER大好きv-343

うわわ~~~!!!
なんて素敵!!!
夢のような出来事v-10
マーチャンを選ばせて、それをプレゼントしてくれるなんて太っ腹だし!
も~、ミカちゃんほんとに行ってよかったねv-238
5円玉を「自分で渡しなよ」のくだりも、ファンの心をよくわかってるというか、そんな気遣いができるなんて、なんていい人なんでしょう!!

Evenさんがフロアでギター弾いてる写真、オーディエンスがスペースを空けて、とても和気あいあいとした感じで素敵!!!

えりこびっちさん

...ねぇ。。えりこさん。
こんなことってあるんやねぇ…
直前までメンタル面でとっても苦しい状態だったでしょう?
それがこんな展開v-405になっちゃうなんてv-353

今でもウソみたい。。って思うもの。

ホントKimってね、一番若いと思うの。
脱退しちゃったけど、こうしてバンドを支えてくれていることを知ることができて嬉しかったし、もちろん彼の気遣いもv-290

この日は300人のキャパでも半分ちょっとしか埋まっていなかったんよ。
だから後ろのほうは結構ガラガラ…v-356
でもこうして見ると、ファンの子達の様子、微笑ましいね!i-236

体調がe-30だったりしたのでハラハラしましたが
Mikaさん本当に行ってよかったねv-291

映像も見させてもらいました。
「初動画」にこれだけ盛りだくさんのv-344があって貴重な一作目だね
「五円玉のご縁パワーv-344」すごいv-363

響ちゃん

ほんとにね…。
あの時、エイやー!!で外に出て、ほんとによかったv-290

お恥ずかしい映像、見てくださって嬉しいけど恥ずかしいv-402
次回はもちょっとマシなのが撮れるといいな♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/158-b1715006

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。