スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SthlmでSupersuckers &追記N.Pussy 

とNashville Pussy を観ました。
sthlmへ
おなじみ、アーランダエクスプレスに乗って空港から市内へ

2月15日午後、Sthlmへ到着。この日もライヴ!
まずはホテルへチェックイン。。
sthlmへ2

やっぱりすぐに見つけられず、5分ほど歩いた後、通りの薬局に入って場所を聞きました…
ストックホルムは、雪こそ積もってはいなかったけど、体感的にはノルウェーよりも寒さが応える。。
しばらくすると、チラチラと雪が降り始めた。

sthlmへ3
シングルルームを予約していたけど用意されていたのはツインルームだったよ。

今回もセーデルマルム地区に滞在することに。
最寄駅は、Slussenです。ライヴ会場がここの近くなので。

ホテルにチェックイン後は、暗くなる前にライヴ会場の所在地をチェックしておきたい。
簡単に荷解きしてから探しに出た、のだけれども。
近い(と思われる)はずなのに見つからない!
ガムラスタンのほうまで行ってしまい、いくらなんでもこんなに遠いハズはない!
と思い引き返す。地図をムムム…と睨みつつ、再度歩き始めたけれどやっぱりわからん。
結局ホテルの部屋へ戻り、あきらめて仮眠をとることにした。
…なにしろ日本を発ってから、ろくに眠れていない

スウェーデンに入ってからは、ノルウェーでの心細さはウソのように吹き飛んでいた。
もうメチャメチャリラックス状態♪♪♪

3時間ほど眠ることができた。

会場であるDebaser Slussen、ホテルのフロントでも聞いてみた。
やっぱりホテルから近いみたい。
でも確信を持てないまま、外へ出た。
…結局。
近いんだけど、すごくわかりにくいところにありました~。。(でもすぐに見つかってヨカッタ)

ドアオープンは19時。
時間に合わせて到着したけれど、開いているのかいないのか??
大きなおじさん?達がチラホラ外にいたので聞いてみた。
何?わからない。 とか、 19時だ。
とか言われた時は、すでに19:05だったので、ドアノブをガチャガチャやってみた。
…まだ閉まってた

しばらくオッサン達に混じって待っていると、ドアが開いた。

いやー、これまたこぢんまりとした、しかしとってもイイ感じのスペース
数メートル進むとすぐにクロークがあり、その先はバーカウンターがある。
反対の壁際には、小さな丸テーブルがいくつかあった。

ダウンジャケットをクロークに預け、TJジャケット姿の私、なんかカクテルみたいなやつを頼みました。
sthlmへ4

場内はまだまだガラガラ。
することもないので、飲み物を受け取ると丸テーブルへ行き、椅子に座ってボケーっと人間ウォッチングしてました。

じつはこの日観る2つのアメリカのバンドについて、私は名前しか知りません。
SILVERのライブは一回しかない。でもせっかく行くのだから、もう一回くらい何か観たいなあ。。
(観光しないし)
と思い、ノルウェー、フィン、スウェでの14日前後のライブスケジュールを調べたのです。

で、日程的に都合がよく、知っているバンドが彼らだったというわけなのです。
 14日より前はノルウェー・ツアーをしていたのだけど、BergenやStavangerという地理的に
かなり行きにくい場所だった為、15日のストックに決めたというわけ。
myspaceで試聴したけれど、なかなか好み!だったし♪

さて、
会場内で目にするのは、体格のいいオッサン?ばかり。ヒゲ面刺青だらけ、長髪もいればボウズもいます。
しかしね、これがねー。
とーーーっても落ち着くんだな。。(笑)
SILVERの時とは大違いで、この差を思うとなんだかおかしくて笑ってしまった
すっかり体調も戻ったとはいえ、メチャメチャリラックスしておりました。

カクテルをちびちび舐めながら、ステージを見つめていた。
会場内では様々なロックがかかり、なんとSILVERとTURBOが連続でかかった!
そういえば一月前くらいに、同じ会場でSILVERもライブやったんだったなー。。
それにしても嬉しいですね。ひとり思わずノッてしまっておりました。

さらにしばらくして。

ステージに一人の男性が近づいていった。
で、ステージによじ登る?かんじで、なにやらギターを触っていたので、関係者かなー、と思って
しばし見ておりました。
が!
なんか見覚えのある、スラリとした長身にウェーブがかったブロンドの長髪。。にデニムジャケット。。。

ぇ?も、もしかしてRobert!?

そう、その人はまぎれもなく元HELLACOPTERSのギタリスト、現DundertågetのRobert (Strings)!!!

いやもうビックリしました。ヘラコプとSupersuckersは親交あるようでしたが、まさかこんなところで…!(といっても地元かー。)

前の年の10月にヘラコプの解散ライブを観に来ていた私、何だかとっても不思議な気分でした。(もちろんメチャ興奮したことはいうまでもありませんが)

しばらく何やらいじった後、バーカウンターでご機嫌な様子でビール飲みながら談笑していました。
 私はその様子をしばし見つめていたけれど、これはやっぱり声をかけねばっ!
というわけで、近づいていって、ツンツン、とつつき話かけました。

10月にライブを観に来たことや、そのとき撮った彼の写真なぞ見せつつ、Dundertågetのニューアルバム(3日後の18日に発売予定だった)が大好きで、日本に帰ったらオーダーします!とか。
(myspaceで毎日聴いてます!すっごくいい曲ばかり!!と興奮して言ったら、ピックをくれました。


たどたどしく話しました。
途中、あまりの感激に言葉が詰まってしまい、胸に手をあてて「落ち着けー落ち着けワタシー!」
とやっていたら、大丈夫?といったかんじで背中をポンポンしてくれた…
写真も快くOKしてくれました。
そして、…とってもイイニオイがしました。。
Robert and me

あとでNickeとRobertも来るよ!と言うものだから、ええっ!?と驚きながらもお礼を言って、またテーブルに戻った。

少しずつ人が増えてくる。。 オッサン以外に女性も結構増えてきた。

しばらくすると、本当にNickeが現れた!!!
(ロバンは来なかったのか、結局見つけることはできませんでした)

Robertの時とはまた違った緊張感を覚えた私、ですが、
やっぱりまた近づいていき、ツンツンして話かけました。。
オスロでライブ観てきたんだけど、SILVERって知ってますか??
と聞いたら、知っている、と。
ノルウェーのバンドはさ…としばし音楽の話になり、
ヘラコプの解散ライブで日本にも来て欲しかったのに。と言ったら、なにやら話し始めたのですが、
緊張と語学力の無さが災いし、ほとんど聞き取れず…

ドキドキしながら写真をお願いしたらOKしてくれた(なんとなく断られるんじゃなかろうか…と思っていたので)!
するとニッケ、そうだ、彼も一緒に3人で撮ろう。と言いました。
彼というのは、この時点で私にはわからなかったのですが、SuckersのギターリストのRonでした。
ニッケは「彼女、君らを観に来たんだって。」と言いつつ、3人写真を撮りました。
TJジャケットもしっかりアッピールしておきました
Nicke,me,Ron

ニッケと話をする時は、なんともいえない緊張感が張り詰めました。。
お礼を言うと「Have fun!」と言ってくれたニッケ、彼からは染み付いたヤニのニオイがプンプンした

何と言おうか、
ライヴ前のこれらの出来事で、ある意味燃え尽きた私。。。

もう充分かも…と、これから登場するバンドに対して、とっても失礼なことを思いつつ
余韻に浸っていた。

気づくと会場は沢山の人でごった返していた。
そして21時、ついにライブがスタート!

登場したのはSupersuckersでした。
ss1.jpg
vo.&bassのEddie Spaghetti 
ss2.jpg
guitarのDan"Thunder"
ss3.jpg
drum、Scott"Scottzilla゛
初めはテーブルで腰掛けて座って観ていよう、と思っていた。
けど、
2曲目に入り、あまりのカッコよさにしびれてしまった私、気がつくと前から2列目でノリノリ状態

結局最後までその位置で、曲を知らなかったにもかかわらずノリまくり、最高に楽しい一時間を過ごしました

ss4.jpg

ss5.jpg

ss6.jpg
そしてNickeと3人写真を撮った、Ron "Rontrose”
ss7.jpg

ss8.jpg

ss9.jpg

ss10.jpg

ss11.jpg

ss12.jpg

ss13.jpg

ss14.jpg

ss15.jpg

http://www.myspace.com/supersuckers

この後、Nashville Pussy のライブが始まりましたが、ちょっと疲れと眠気の為、いったんここで終了します。。
(でも彼らのライブ写真は諸事情?により撮ることができませんでした…)

~続き~
np photo by Gary Miller
photo by Gary Miller

彼らのライブは、確か22:30にスタート。
スタート前、そのまま前2列目にいた私ですが、なんとなくTJジャケットの危機?を感じて脱いで両手で抱えていました。
すると隣にいたヒゲ面タトゥーだらけのテンガロン・ハットおじさん?に話かけられ、なんか適当に会話をしていました。。私のジャケットを見て、カッコイイな!と言ってくれた
(ちなみにユーゲントジャケットを着ていた人は一人だけ発見しました。LATVIAだった。)
飲みかけの小瓶ビールを差し出して、飲め!と言うので、ビール苦手だけど飲みました
しばらくして、もうすぐ(Pussyが)登場するぞ!と言ってました。
結局それから10分くらい経ってライブスタート!
(その後またも、飲め!と言われ、飲みかけを飲むことに…)

Suckersのときも相当盛り上がっていると感じたけれど、ぎゅうぎゅう押されることは殆どなかった。
しかし!
Pussyの盛り上がりたるや、それをはるかに上回っていました。
酒を飲みながらというのもあるでしょうが、観客、非常にアグレッシヴに大盛り上がり…。
バンドもそれに応えるかのように、激しくもカッコイイパフォーマンス。。

ほんとは前で観たかったです。。
写真も撮りたかった。
でもジャケットも抱えてたし、ビールかかったら大変?なので、じりじりと後退し、結局後方左側で聴いていました。
vo.&guitarのBlaineとbassのKarenがかろうじて見えましたが、Ruyter(リードギター)とJeremy(ドラム)は、後ろへ非難?してからはほとんど見えず…(涙)

でも、狂ったように陽気に騒ぐオーディエンスに混じって彼らのライブを初体験できて、私はとっても幸福感を感じていました
(ちなみにtattoおじさんは最後まで2列目あたりにいた!)

Karenはとってもカッコよくって、でもcuteだし、Blaineもとっても調子良さげに歌い、MCも快調でした。
最後は自分の頭に自らビールをかけ、観客にもかけてました

Suckersは一時間きっかりで終わったけど、Pussyも本編一時間。。でもアンコールに応えてくれて、(といっても15分くらい。いやもうオーディエンスの呼びかけが凄かった~)全て終了したのは23:45くらいでした。

この日も一人ぼっちだったのに、スウェ人達に混じって一人楽しんでいる自分、なんだか不思議だったな でもぜーんぜん、寂しくも心細くもなかったな、この日。

彼らは確か今も一緒にツアー中のはず。
またぜひライブに行きたいな。

http://www.myspace.com/nashvillepussy

ちなみにチケット代ですが、約2700円!
確かにこの時期は円高(1SEKが11円弱)だったとはいえ、後日クレジットカードの明細を見てビックリでした。

スポンサーサイト

コメント

おぉー!!
スウェーデンでもこんな凄いことがあったなんて!!!

去年ラストライブを観たメンバーとこんな形で再会できるなんて夢みたいですね。。。そりゃ燃え尽きますよねv-290
きっと、今回はノルウェーとスウェーデンがMikaさんを呼んでたんですよv-352
いや、Mikaさんの行動力が、奇跡を呼び寄せるんだわi-199

クラブでSILVERとTURBOがかかったのも嬉しいv-343
SILVERもTURBO並みの人気?!・・・ってことはない?^^;
でも、ニッケも知ってるのねv-343
SILVER頑張れi-199

Supersuckers知りませんでした!
燃え尽きかけてたMikaさんをそこまで楽しませたバンド興味あるなぁ~、またゆっくりマイスペ観てみます♪

明日に備えてそろそろ寝なきゃ^^;
ヨロシクねMikaさん☆

KIRIKAさん

ほんとにまさかのまさか!でしたよ~v-356
ふつうにそこにいて、ふつうにビール飲みながら談笑してました。。

TURBOとSILVERがかかった時は、まだフロアはかなり空いていたんです。
きっと私が着ていったユーゲントジャケット・パワー(?)に違いない!(笑)
Supersuckersはもう、始まるなり体が反応してしまいましたi-237
私もマイスペでしか聴いたことないので、ちゃんとCD聴かなくちゃv-355

私もとっても楽しみにしています!!!

うわぁ~、スウェでも凄いことになってるしーー!!!
なんか、ライヴ始まる前にすでにお腹いっぱいな感じ、わかるわぁ(笑)!

でも、ノルの言いようのない不安な孤独感から解放されて、スウェはリラックスできてよかったね!
オッサン率の高いライヴ会場が落ち着くのは、私もよ!
POPEDAがそうやもん!
Bloodpitのライヴはティーンエイジャーくらいの女の子がいっぱいで、場違いな感じがして、ちょっと緊張したもんv-12

えりこびっちさん

ホントにこんなことが起ころうとは、これっぽっちも思っていなかったわぁi-230
もうライブ前に燃え尽きちゃって。。。e-263
あ、もちろん書いているように、ちゃんと再燃e-269したけどネv-218

>オッサン率の高いライヴ会場が落ち着くのは、私もよ

うわ、ほんと?(笑)よかった!えりこさんも同じなんね!i-278
なんか居心地良いというか、ホッとしている自分を発見したよ、この時(笑)。。

ハジメマシテ。

Mikaさん、はじめまして。
北欧の情報をイロイロと調べていたら、たまたまこちらのblogに辿り着きました。

実は、私、6月にスウェーデンで行われるSweden Rock Festivalを女一人で見に行こうと計画しております!
なんせ海外一人旅も初めて、語学力も微妙なのにフェスに行くというのは我ながら無謀かしら!?と思ったりもしているのですが、Mikaさんの記事を読んで、ちょっと頑張ってみるか!という気になりました。

私もイロイロと不安になってしまいそうで、Homesickのエントリを読んで「あー、私もこんな感じになりそう……」と思ったりもしましたが、最終的にとても楽しまれたようで、きっと「案ずるより産むが易し」なのかもしれないなー、と思いました。

とにかく、何だかパワーを貰いました。
ありがとうございました!
(ちなみに、私もアラフォーです・笑)

ぴよさん

はじめまして、ぴよさん!
読んでくださってありがとうv-290 そしてコメントまで!

ぴよさんはスウェーデンロック参戦の計画を立てていらっしゃるんですね~!! お目当てのバンドは??

私は、おととしの年末に初めて海外一人旅をしたんですが、語学力も中学英語レベルだし、旅慣れていたわけでもなかったので、よくもまあ行ったなー、と。i-229

道中は確かに寂しかったりもしますが、その分現地の人々との交流も、密度の濃いものになると思いますよ。

事前の情報収集・準備さえしっかりやっておけば、なんとかなるもんです(笑)。
少なくとも私の場合はそうでした。i-236
OSLOではちょっと苦しんじゃいましたけれどネ。。

>とにかく、何だかパワーを貰いました

そんなふうに言っていただけて恐縮です。
またぜひ遊びにいらしてくださいね~e-257

地味です……(笑)。

>お目当てのバンドは??
再結成組な上に、一度も来日したことが無く、今後の来日も望めないであろう非常に認知度が低い地味なバンドですよ(笑)。
TYKETTOというアメリカのバンドです(でも何故かVo.は現在英国在住)。
全然北欧とは関係ありません(笑)。

今夏はアメリカのフェスにも出るんですけど、治安面や交通の便(アメリカのフェスは車があることが前提な気がする……)を考えたらSRFが一番行き易い気がしたんです。
それと、昔から一度は北欧に行ってみたい!と思っていたこともあったので、思い切って!という感じです。

と言っても、実はまだ航空券もホテルも手配していません。
どーしても「ホントに一人で大丈夫か?」と不安になる部分があって踏み切れないでおります。
ただ、フェスのチケットが残り少なくなってきたので、そろそろ決断しないといけないんですが……。

そこでMikaさんに質問です!
初めての海外一人旅を決断した最大の理由って何ですか??
二歩目、三歩目はラクだけど、はじめの一歩って、すごーく勇気がいりませんか??

あー、なんか長くなっちゃってすみません。
今は不安とワクワクが交互にやって来ている感じです。

では。

追伸:実は、私の名前、「ぴ(半濁音」ではなく「び(濁音)」なんです。ネット上では非常に識別しづらいので100万回は間違えられているので気にしておりませんが、一応……(笑)。

びよさん

お名前、間違えてしまって大変失礼致しました~e-466

おお~、TYKETTO!
知ってますよ~。
と言っても曲はフォーエヴァー・ヤングしか知らないんですけど(汗)。。
まだ活動してるんだなーと思ったのですが、再結成したのですね~!

フェスは6月でしたっけ??
となると、そろそろ航空券や宿も含めて手配したほうがいい頃かもしれませんね。

>初めての海外一人旅を決断した最大の理由って何ですか

一言でいうと、勢い、ノリです。ええホントに。
私はHANOI ROCKSのギグを本国でどうしても見たくなり、まあなんとかなるさ!(確かに不安はありましたけれど)という軽いノリで行ってしまいました。
その昔、大好きなRAMONESのギグを本拠地NYCで観たかったのですが、当時まだ未成年のうえに到底旅費も無く、その後解散~メンバーの死…v-409となってしまったのです。。。

だからまた今度、次回…という選択肢は、基本的に考えないようにしているんです。行きたいと思ったときには行かなくちゃ!ってね。
確かに自分自身にかかるプレッシャーも勇気も相当ありますけれど、行きたいっ!という思い、仕事や経済の状況がなんとかなるのであれば、行きたいと思った時は行くべき時、と、少なくとも私は思っています。(あくまでも私個人の考えですけれど…)

勢い!

>曲はフォーエヴァー・ヤングしか知らないんですけど(汗)。。
はい。大半の方がそうだと思います(笑)。
まー、他にもイイ曲が結構あるんですけどねぇ……(遠い目)。

そうですか、勢いですか。
確かに結局はソコですよね。
石橋を叩き過ぎるのも良くないですよね。
まー、たぶん行っちゃうと思うんですが(笑)。

SRF、HANOI関係だとELECTRIC BOYSが再結成で出ますね。
タイムテーブルが出ないと見られるかどうかわかりませんが、一応ワタクシの「見たいリスト」に入ってます。

では、では。
(またちょいちょいお邪魔するかもしれませんが……。)

びよさん

そうですよね、不安を挙げたら私もきりがありませんが。。v-356

でもどうしても観たいのに来日がない以上、それはもう、こちらから行くしかない…??
(場所にもよりますが~)

そうなんです、SRF、ELECTRIC BOYSが出るんですよ~!!(確か、再結成後では)初ギグなんですよ♪

北欧の夏フェス、私も一度は行ってみたいです!いつも暗い季節にしか行っていないもので…i-229
びよさん、もし行かれたらTYKETTO楽しんできてくださいね~i-234

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/162-ab807a58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。