スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rockperry 1日目 後半 


INDICAを観終わり、会場内を少々ブラブラしてみたけれど、私が観たいSturm und Drang のステージまで3時間はある。
その間、特に見たいバンドもなし…じゃあ休憩でも。。
ということで、またテクテクと歩いてホテルへ戻ることにした。(徒歩は、結構疲れるね)

ホテルの部屋でパソコンをいじっていたら、友達からメッセージが届いていた。
やりとりしているうちに、ホテルまで行くね!ということになり、
ロビーで待ち合わせ。

9ヶ月ぶりの再会を喜び合い、彼らが私にプレゼントしてくれたものが上の写真です。

WASA(Vaasa)Jugend オリジナルのTシャツやらワッペンなど。
Oulu JugendのJからもワッペンをもらっちゃった
(正確にはJに会ったのは、この翌日だけど♪)

ビックリするやらうれしいやら。
勿論私も彼らにお土産渡しました。

近くのレストラン?パブ?のようなお店に移動して、Helsinkiからの友達とも再会。

私はロンケロをいただき、しばしおしゃべり。
翌日には、この店で、友達の弟さんが参加しているバンドの演奏があるとか。
TURBONEGROの曲もやるよ!とのことで、これまた楽しみ♪

さてさて、時間はアッという間に経過し、夜8時半をまわった。
昼間のように明るいので、(時間的には)もう夜なんだということに気がつきにくい。
しかし9時15分には、次のお目当てのSUDの演奏が始まっちゃうよ、というわけで、

「私、SUDが観たいから会場へ行く!」と言い、中座しました。
友達の一人が、その後の出番のBackyard Babies を観るため私と一緒に行くことに。
残りのメンバーは、飲み続けていた模様

またまた歩いて会場へ向かう。
するともう始まっていて、お客さんでいっぱいだ。(やっぱり若い子達が多いね)

とりあえず友達は、飲んでるから、ということなので、ひとり観客を掻き分けて前を目指す私。
 しかしさすがに最前には入り込む余地なし(涙)。。
しかたなくAndre側2列目あたりに落ち着いたけれど、大きなオバサンがどーん!といるため、
そして彼女が腕を振り上げノリノリなため、写真が撮りにくい…
おまけにスモークも邪魔をする。

うううー。

sud1.jpg

sud3.jpg
あっ!Alexの左腕にtatooがある!
昨年観た時はなかったハズ~。(確か)
sud2.jpg

sud4.jpg

sud5.jpg

sud6.jpg

sud7.jpg

sud9.jpg

sud10.jpg

sud11.jpg

sud12.jpg

sud13.jpg

sud14.jpg

先に挙げたような事情もあり、イマイチのりきれず。。

※前回の日記にちょこっと写真を載せたApocalypticaですが、INDICAの時はまだ演奏していません。
間違えました~。SUDの後、メインステージで演奏してました。

友達を探し、次は一緒にBYB。
DREGEN側のかなり前方で、二人して盛り上がりました
友達によると、彼らはMCでは、フィンランド語ではなくスウェーデン語をしゃべってたわ!とのこと。
私は、気がつかなかったけど。
Vaasaは、スウェ語を話す人が多いから?
例によってぼやけた写真しか撮れず。
Nickeです。
byb3.jpg

1日目のトリは、Apulanta というフィンランドのバンド。
この時、時刻は夜中の1時すぎ。でもうっすら暗いかな、というかんじ。

トリは観ず、帰りはタイミングよく来たバスに乗って市内中心部へ。
ホテルに戻り、翌日(というかもう当日か。)はいよいよTURBONEGROだ!
その前には、なにやら楽しいアクティヴィティがあるとのことで、これまた楽しみ♪

SUDのAlexのtatooについて、
もしや意外と前に入れていたのかなー?
と思い、さっきyoutubeチェックしてみたところ、2ndからのこのPVで既に入ってるね。

しかし私が中軽いショックを受けたのは、それよりもなによりも彼らのメイク。
アンドレとアレックスのアイメイクですよ。
Nej,tack!

ライブではしていない様子なので、まあいいけれど。。
できれば今後は、しないでいただきたいデス。。(たとえPVでも)

フゥーーーーーッ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/178-b8d403ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。