スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガマ洞窟 

先月の22日、つくば山に行ってきたよ。
筑波山1

筑波山と言えば~ガマの油!で有名ですね。
いたるところカエルだらけ。
登山はムリだけどハイキングなら。。ということで、従妹と行ってきたのでした。

ハイキングといっても行きはケーブルカー(男体山)で、帰りは女体山からロープウェー。
歩いたのは、男体山から女体山への移動の約20分と、ロープウェーの降りたところから女体山頂上までですが。

あ、ケーブルカー乗り場までは、急な階段を含めて結構歩いた。

筑波山2
つくば駅からバスで一時間ほどで、つくば山入り口に着く。
土産物屋さんは、こんなかんじ…
筑波山4
セクシーカエル。
筑波山5
カエルに見える大きな岩、ガマ石。
筑波山8
山頂からの景色。モヤッていて、はっきり見通せなかった。
筑波山11
帰りはロープウェーで。

筑波山は、標高も800mちょっと?くらいで都心からもわりと近場にあるせいか、大変な混雑でした。
ふだんハイキングも山登りもしない私達にとっては、これでもかなりの運動?になったかと。。
疲れたー!

そして次なるお楽しみスポットへ。。。(というか、実はこっちが本命だったかも)

ガマ洞窟!ガマ大明神様!!
つくば1
このおじさんは、たぶんガマ洞窟をやっている土産物屋さんの関係者、だと思います。

つくば3
ガマ様の左手の上には、さらに二匹の小さなカエルが。
無造作に金色スプレーを吹き付けられた状態だ。

つくば16
入り口↓入場料は500円。土産物屋でチケットを買います。
つくば15

一歩足を踏み入れると…
つくば5
デカイひょっとこ(なぜか口だけ色づけ済み)、色あせたぬいぐるみ、そして右側にはレイのような造花が。

進めば進むほど、暗くてかび臭くて足元の悪い、摩訶不思議なミステリーワールド。
私達二人のほかには誰もいない。

つくば4

つくば7

つくば8
ようするにお化け屋敷のようなところです。
でもとにかく、笑ってしまう。
時々怖い(笑)んだけど、悲鳴をあげつつ笑ってしまう。。
「死」なんて書いてあるけど、その隣や下には、ドラえもんやフルーツの絵が描いてあるし。

血だらけの人形もあるけど、意味不明な物体がいろいろとぶら下がっている。壁にもいっぱい。

つくば6
これは巨大猪の剥製の隣に立っている札。

つくば9
壁に張り付く巨大カエル
つくば10

つくば11

つくば13
外に出ると、屋上には、ほとんど動かない古い遊具がある。
つくば14
登らないでください。責任はもちません、って書いてあるけどねー、
どう考えても絶対登れない高さと角度なんですけど!!
と、ツッコミ入れつつ二人で大ウケでした。(爆)

つくば12
こんなところにもカエルが。
なぜか背中にはシマウマが。。

つくば22
下から見上げると…

つくば23

ここは、珍スポット愛好家?の間では、かなり有名なところらしいですね。(たぶん)
私も職場の珍スポット好きの後輩(女性)に話を聞き、それはぜひ行かねば!と心を決めた次第。

誘った従妹もたいそう喜んでくれて、あぁ良かった…と思いました。

帰りは渋滞にはまる前に早めにバスにてつくば駅へ。

つくば17
喫茶店で美味しいアフタヌーンティーセットをいただき、洞窟話で再び盛り上がった。

帰る頃には、すっかり疲れも取れていました。

もう二度と行かないかもしれないけど、これからもなくならないで欲しい、と切に思う。ガマ洞窟。

おじさん、洞窟内の案内を(突然)途中までしてくれて、どうもありがとう!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/189-a6475e98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。