スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンフェス観察記 

5月29日(木)、FINLAND FEST 08に行ってきました。
…しかし、出演バンドのうちCD持っているのはAriだけでして、
予習もしない状態で臨みました。
しかもこれといって好きなバンドがいるわけではなく、目の保養という
不純な動機も若干含んでいたし。 その為ライヴレポではなく、観察記ということで書いています。
しかも か・な~り長いうえに、写真もありません。
稚拙な文章で大変読みにくいかと思いますが、よろしければ続きをどうぞ。。

トップバッターは STRUM UND DRANG
彼らについて知っていたのは、現役高校生がやっているメタルバンド、ということくらい。。
まあ、10代の少年達がやっているバンドだしなぁ~、などと軽く思っていた。
が!しかし

みんな眩しい。。しかも若さと元気とエネルギーで溢れている。(うらやましい)
voとgtrのAndreくん、ギターも歌もメッチャ上手いなあ。。(かなり感動)
しかも写真で見るよりもはるかにハンサム(いやほんと、キリリとしてカッコええです)
約30分という短い時間ではあったけど、目一杯観客にアピールできていたように思えた。
そして彼はフロントマンとしてもよくやっていた。
初来日でトップバッターで緊張や疲れでギクシャクしちゃうんじゃないか、などと失礼なことを          考えたりしていたが、もう、ゴメンナサイ!謝る。。
最高に楽しめました。
IRON MAIDEN のカヴァーも1曲やり、メンバ紹介もきっちりやり、
最後のほうでは、なんと!ステージと最前列の柵の間の通路に、
クルーの人に肩車されながらり下りてきた
その状態でギターを弾きまくり何度か行ったり来たり。
みんな触る。もちろん私も触る!(3回くらい
 それと個人的にはドラムも良かったな。Calleくん。
ツーバスドコドコドコ♪ 胸に突き刺さるビートが、もう堪らない。
やっぱメタルはツーバスでなきゃ!(とひとり興奮。。)
ベースのHenkkaもなかなか味があって(見た目もかなりインパクトあるけど

もっともっと聴いていたいと思った。またいつかライヴを観たい。
今後がとても楽しみだ!
(Andreくんは、尊敬するCOBのAlexi先輩のTシャツを着ていた。靴は確かVANSの
スニーカーだったような)

2番目は LOVEX
えっと、彼らの音楽は、私にとってはちょっとソフトすぎて、voも線が細いかんじが
あんまり好みではないのですが。。
Vivianの前でがんばって観ました。
 Theon、緊張してる?声もなんだか弱いというか、あまりよく聴こえないなあ。
サーヴィスはいっぱいしてくれて、ファンもおおいに盛り上がっているんだけど。
…ということで、私は二人の逞しい両腕の筋肉を楽しむことにした。
彼らも、特にTheonは、写真よりもだいぶスリムに感じた。
まあ、翌日もあるし。。

3番目は(個人的に問題の?)AriBand
感想は…HELで観た3月6日よりは良かった。でも盛り上がれず。(私は)
 セットチェンジの時、まずViliがパーカ着てフード被って出てきて、
黙々と自分のkeyの配線やら、セッティング。
次にハム…じゃない、Erkkaがやはりパーカ(背中に赤字でCREWと書いてある)着て
フード被ってギターの調整。
その後Erkkiが普通に出てきて、なんか調整。

さて、始まるぞう~。
まずAri以外のメンバが登場。Lucaは、スカートみたいなロングフレアパンツはいていて、
なんだか気合を感じる(?)。
Erkkiは、いつもの黒タンクトップではなく、柄入りの黒い半袖シャツ(趣味はあまり。。)
Mauroは、きれいな坊主頭になっていた。そして3月に観た時は、確かワンバス
だったように思うけど、今回はツーバスだ。
 そしてAri登場! いつものだぼっとしたシャツにパンツ。足元はVANSのスニーカー。
ピカピカで靴底もきれい。きっと買ったばっかりなんだろな。
でもあのキンキラ時計はつけていなかった。
左腕にはマジックで、ARIGATOUと書いてある。右腕にはなんか日本語が。。

3月にはわからず、今回気がついたこと。
それは、Ariは、どれだけこの5人に支えられているか、ということ。
演奏はタイトでへヴィでがっちり固めている。
さすがみんなキャリアのあるプロだなと思った。そして同時にすごく安心感も覚えた。
で、Ariですが、相変わらず痩せ過ぎ!病的だよ~
緊張と疲れからか、顔つきも険しく眼光鋭い。。
で、観客に対しては、まだ閉じている気がする。
 Ariコールはすごいのに。そして男性の声でAri!と聞こえ、ちょっと嬉しそう。
観客へ話しかけることもなく、Erkkiは、やっぱり無表情で、
でもAri、彼なりにがんばっていたとは思う。通路にも下りてきた。
最後はみんな並んで肩組んで挨拶。うん、いい感じ。
 新曲は、この日は2曲。(私がわかったのは。)
Keepers of the Night と Give Me A Reason
GMARでは、最後の高音が苦しいのか、キーをおとしていたのか、シングルどおりの声が
でていなかったように思う。
う~ん、全体を通してもあんまり出ていなかったかなあ?
疲れか? On The Rocks の時は、特に感じなかったけど。。
まあ、翌日もあるから、ね。。

さてトリは NEGATIVE!
入場のテーマ曲?が流れ、メンバが続々登場。
私はLarryのまん前だった。なんか、バックチェリーのジョシュに似ているなあ。とか
思いながら見ていたけど、実はSnackさんが気になっていた。。
 そして最後にJonneだ!
白のピタピタギリギリローライズパンツに、同じく白いワークブーツ。
素肌にこげ茶色のロングレザーベストにアクセサリーきらきら。
マイクスタンドには、ハート模様の入った白黒の長いリボンがいっぱい。

ウーン、さすがですね。
ステージが、あっという間にNEGATIVEワールドに様変わり。
観客とのコミュニケーションもばっちり。ウーン、さすが。
Jonne、ちょっと上向いた鼻がセクシー。
アミアミは着てないけど、おかげでカワイイチクビに釘付け。
わき毛もない。前も背中もスベスベな白く美しい肌。。
(Larryもスベスベだったけど。)
Garyは…ほのぼのキャラ。ほかのメンバ達と比べてしまうとどうしても地味だが、
まだ仮メンバだし、緊張もしているだろうし。

観客は勿論、大盛り上がり。Jonneコール、黄色い声も飛び交います。
ニューアルバムからは2曲だったかな。。(?)
A Devil On My Shoulder と Won't Let Go
そうそう、マイクをパンツ(前部)に突っ込んでいたな。!
左側のアンプのほうを向いて、ちょっと悩ましい腰の動き。しばらくして、
正面向くと同時くらいにマイクをまた出していた。。(キャー

彼らのライヴで一番印象的だったこと。それは
終わりから3曲前くらいだったかな、Jonneが上半身裸の状態で、
日の丸をマントにしていたのに気がついた時。
短いマイクスタンドを杖のようにクルクルしながら登場。
自分の国の旗に対して、初めてこんなに意識し、重みというか、とにかくこれまで
日の丸をそんな風に感じたことは多分なかったのではないか。。
しかもこのような状況で。
その後Jonneは、日の丸をドラム台に置き、Anttiが上に乗って弾いたときに、端っこをちょっと
踏んだ。きゃあ、踏まないでぇ!と動揺する私。
その後Jonneはドラム左横にあったマイクスタンドに日の丸を掛けてくれた。
敬意を持って扱ってくれていたのを感じた。単純にうれしかった。ありがとう。。
 そしてファイナル!
その日の丸を広げたりして、しばし記念撮影。
Anttiが引っ込むところをつかまえて、2人と日の丸で再び撮影。
 Jonneは、本当に華のあるフロントマンだと思いました。
ライヴ中もLarryとしばしばアイコンタクトをとっていたのも印象的だった。
以上、初めて観たNEGATIVEでしたが、美しいだけではない、力を持っているバンド
だなあと思いました。

(翌30日観察記へ続く)

スポンサーサイト

コメント

レポありがとう~!

行けなくてすごく残念やったけど、こうしてレポ読んで、なんか行って来たような気分になれた~!
ありがとう!
STRUM UND DRANGは、知ってはいたけど、ちゃんと聴いたこと無いねん。
そうか、COB崇拝者なんやね。
その流れなら好きかも。
私の好みはミカさんよりもだいぶソフト寄りで、メタルは苦手なものも多いけど、COBは気に入ってるねん。
このバンド、まだまだ若いし、今後の注目株やね!

LOVEXはソフトすぎたか~。
一般ウケするメロディーラインやし、見た目はいいし、今回の来日で人気出るんちゃうかな。
Theon、声とおってなかったんやねー。

問題のアリ君。
ミカさんのHelでの感想を聞いていたから、すごく気になってたけど、やっぱりミカさんノリきれなかったのね。

>観客に対しては、まだ閉じている気がする。

う~ん、この言葉は重い・・・。
もっと場慣れしていけば、ドーンとファンにぶつかって来てくれるのかな。

そしてNGT!!
うぅ、観たい、観たいよ~~。
麗しいやろうなぁ・・・。
最近、バンドとしても成長して貫禄出てきてるし~!
ラリーもすべすべやった??
うわ~~~v-10
えぇな~~~~~!!
今回はラリーとヨンネちゃんの「ちゅうv-238」は無かった?

ヨンネちゃんが日の丸に敬意を払って扱ってくれたくだり、感動~~~!!

えりこびっちさんへ

こんな目のつけどころがチョットおかしい観察記だけど、そんなふうに言うてくれはって嬉しいi-237
えりこさんにもメッチャ会いたかったよお!
そう、SuDな、私も実はちょっとなめてたかも。。あの若さで物怖じせずに、あれだけのもの見せてくれるなんてなあ、プロやわ。恐れ入ったわ。
しかもアンドレ、メッチャカッコええし。あ、でも声はな、アレクシみたいなデス声やないから、音的にはメタルでも結構聴きやすいと思うわ。
 うん、LOVEXは~、やさしくて甘いかなぁ。。私の好みからいうと。。
でも30日の原宿はメッチャ楽しかったよ!Theon、初め拡声器持って登場してな、拡声器越しにマイクに向かってたんよ!ほかのメンバもリラックスしてたし。Theonが白のタンクトップ、Vivianが赤のタンク、で、二人とも黒のタイを締めていて、紅白ペアー!やった。(私はTheonのチクビが気になってもうて。)
 アリはなあ、日本サイトでPHIPHIも書いてるけど、体調がかなり悪かったみたいね。。それでも30日は良いライヴやったよ。開いてたよ、この日は。
 NGTはね、出てきた瞬間に、何かが違ってた。前3バンドとは。さすがだよ。そうなの、ちゅうv-238やるかな、やるかな(ドキドキ)って思うてたんやけど、無かっってん~e-263 (残念!)

き~とす

フィンフェスレポありがと!
いやぁ、今回のメンツは個人的にはすごかった!
ほんとに自由な時間と資金さえあれば帰省してたかも・・・ってぐらいのメンツでした。

SuDは生ライブみたことないけど、15日観てきます~!
若いだけに今後が楽しみだね!

LOVEXはもうミカちゃん、ご存知の通り。(笑)
Theonの声はライブでは弱いの知ってた。だからよけいに心配だったんだけど、でもいくら通るいい声してても、それでライブ観にいくかどうかは決まらないし、LOVEXはそれでも観にいってしまう不思議な魅力をもってるんで、これからの成長に期待。
その昔HIMを見つけ出したドイツのレコ社が今度はLOVEXをみつけ、時間はかかっても大スターにしてみせるって言われたとか。がんばれ~!

アリくんは、そう。体調わるかったみたいよね。こっちの新聞に、帰国後ドクターストップかかってたんだって。
それでも長ハードスケジュールで帰国後すぐに2つのライブこなして、ちょっとかわいそう。
早く元気になってくれるといいね。

Negativeはもうすごいでしょ。
このメンツの中ではキャリアもあるし来日も何度かしてるし。
ステージでの最近のJonneって目を見張るものがある。なんといってもオーラがある!
彼らかなり成長してきてるよ。今後がますます楽しみ。
あっ、でもちゅはなかったんですね。そっかぁ、残念でしたね。。。

Hiroさんへ

うん、今回のメンツはすごかったよね!! 私、Ari以外、予習ほぼゼロ(苦笑)だったにもかかわらず、すごく楽しめたもの。
純粋に(?)フレッシュな新人バンドって、SuDとLOVEXかな?って思うんだけど、(Ariんとこは、Ari以外のバンドメンバはかなりキャリア積んでるからね。)、どっちも今後が楽しみだし、力持ってると思う。
SuD、フェスかなにか??
うらやましい~!また是非レポをよろしくね!(アンドレ君の写真も!!)
LOVEXは今日?明日?TAVASTIAであるんだよねえ。きっと東京でのビックリ仰天(?笑)土産話もメンバしてくれるね! こちらもまたレポ、楽しみにしてま~す♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/56-22a4ae2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。