スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランド・ナイト! 

先月末のとある金曜日、行ってきました、Pieni-Finland!
恐怖…
…って、いきなりこんな写真だけど、私食べたことあるんだなぁ。。コレ。
(Hiroさんから貰ったヤツと同じだー
なんて極悪な形状をしているんでしょうね~。丸や菱形のでも危険な味なのにね。

ピエニ フィンランド というのは、FINLAND CAFE をご存知の方にはおなじみの、Sigeさんが
仕事場の一角を利用して最近オープンした、まったりサロンのこと。
フィンランド関係の蔵書が500冊以上はあるし、Sigeさんが集めたフィンランドの小物やら食器やら、もう色々あるのだ。
ここではフィンランド政府観光局改めVisit Finland 主催のセミナーなども行われているらしい。

で、記事タイトルにある飲み会?が催されることを偶然知った私、風邪を引いて絶不調だったにも
かかわらず、こんな機会はなかなかない!と、予約のうえ出かけて行ったのです。

しかし!集まったお客さんは私を含め、たったの3名!
プラスSigeさんとスタッフの女性2名の計6名。。

でもね~、そのおかげ?か、とっても楽しかったです♪
皆さんとじっくりお話もできたしね。会話もメッチャ弾んだしね。

ここでは飲食もできるんだけど、体調不良の私は、アルコールはパスして温かいグロッギを
飲みました♪それとトナカイのマッカラ。

それにそれに、以前カフェブログを読んで気になっていた、フィンランドのサルミアッキ協会の会長さん
の著書、その名も「Salmiakki」を読むことができたし!!
(フィン語なので、厳密には読めていないけど。。)
これはSigeさんが会長さんから貰ったという、会長の蔵書の最後の1冊。
(現在、絶版中だそうで。。)

さてさて説明はこの辺で切り上げて、写真をいくつかUPします♪

サロン内の風景。(アアルトのテーブルなど。ホテルHELKAで見慣れた風景♪)
風景
ユーロ導入前の通貨、マルッカの紙幣(肖像はアアルト。中曽根元首相に似ている。。)
アアルトの肖像の旧紙幣
アラビアなどの食器とか鍋類
アラビアの食器かな

ガラス食器と花瓶
グロッギを飲みながら、サルミ本を眺める。
グロッギ
トナカイのマッカラ(北海道産のトナカイだって。)
トナカイのマッカラ

フィンランド製のマスタード2種類
これをマッカラにつけて食べた。
マッカラ用マスタード

紙ナプキンがかわいかったので、使わずに持ち帰りました。
紙ナプキン
3時間は滞在したでしょうか。
帰り際、スタッフのお姉さんからもらった、ラクリッツとゲイシャチョコ。
おみやげ

実はサルミ本を眺めていたとき、衝撃の出来事(でもないか?)が!!!
あるものを発見した私。。

実は昨日も Pieni-Finland へ行ったのですが、
その時撮った写真とあわせ、また後日UPしたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

いいなぁ「フィンランド・ナイト」!
楽しそうな企画だったけど遠くて無理でした。。。(涙)

最初の怖い写真は「サルミアッキ」??? 
Sigeさんコレクションの試食会もあったのかな?
ピンクのゲイシャチョコはハート型の箱入りのものだよね?
箱につられて買ってしまったわi-236 

響ちゃんへ

いやあ、体調さえ良ければ、もっと楽しかったと思うと…v-393

冒頭の写真も勿論salmiakkiです!(多分)
よりによって、なんでこんな形を作るかなぁ。。って思いますが。

ゲイシャチョコ、箱はなかったのでわからないんですぅ~。
私なんて、サルミペースト入りチョコなんか買って喜んでました(汗)。
もちろん、普通のファッツェル社製のチョコも買ったけど♪
フィンランドのチョコって、美味しいですよねi-234

*骸骨マークの写真はApocalypticaを連想させてくれます!

最近はApocalyptica/WORLDS COLLIDEのCD買いましたよ!
なかなか変わっててよかったですよ!

*お札の人物は確かに中曽根元首相似てるね!(笑顔!)

*食器とか鍋類は温かみ感じられて良いですね!(笑顔!)


なんめりさん

えっ、アポカを?
私まだ、ちゃんと彼らのアルバム聴いてない(汗)
ラウドパークで来るけど、単独じゃないから多分行かないなぁ。。

この紙幣のアアルトさん、中曽根さんに似てますよねっv-237

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/85-f0ac2dea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。