スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHEESE! 

チーズプロフェッショナルの資格とりました~♪とか、
プロフに書いているくせに、チーズに関する記事をひとつもUPしていない。。
ということで。。
P2210517.jpg
これは、とあるカルチャーセンターのチーズ教室での写真。

P2210518.jpg

この日のテーマは、スイスのチーズ。
左から、ヴァ酒乱…おっと、ヴァシュラン モンドール、グリュイエール、エティヴァ、アッペンツェラー。
どれも山のチーズ。スイスの国土は、6割がアルプス山脈で、山岳地帯!
アルプスの山の冬は、厳しい。。雪に閉ざされ、食料確保も困難でしょう。。
そこで、これらの、山のハードタイプチーズが頼りになる。(イチバン左の丸いのは除く)
ひと冬越せるくらい、でっかくて日持ちがする、貴重な栄養源!

P2210521.jpg
この、パンの上の、フリフリ、わかります?
フリルのような、カーネーションの花のような、これは、どうやってこうなるのかというと、P2210519.jpg
こうやるんです。。
右側にあるハンドルをクルクル回すと、できあがる。
これは、やりだすと、止まらない。。
これもスイスの、テット・ド・モワンヌというチーズ。意味は、修道士の頭。
これを、この専用器具にブスッと刺して、クルクルすると、フリフリが出来上がる。
ふわっと口溶けがよろしい。
チーズは、ナイフ等でカット、スライスするほかに、タイプによってはスライサーなどで
薄く削ることによって、同じチーズでも 風味や口どけがかなり違ってくる。
ぜひお試しを!

スポンサーサイト

コメント

素敵!

チーズプロフェッショナルの資格をお持ちとは、なんて素敵!!
私もチーズ大好きですが、全然詳しくないですv-12
フレンチのシェフが、珍しいのが手に入ったらちょっぴり味見させてくれたりするのですが、「うまーー!」って言うだけで、ミカさんのように風味や口どけを表現できていませんv-40
あ~ミカさんの写真のチーズ、おいしそう~~v-238

えりこびっちさんへ

えりこさん、お久しぶりっ!
コメント、ありがとうございますi-237 えりこさんも、チーズお好きなんですね!
そう、私、昨年上半期に、スクールに通って猛勉強した。受験するからには一発で受かりたいと。

種類でいうと、やはりフランスはヴァラエティに富んでますよね。これからの季節だと、羊のミルクのチーズが旬ですよ~。山羊や羊の乳は苦手。。という方、けっこういらっしゃいますが、もし苦手でなければ、召し上がってみて!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/9-aca09766

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。