スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷中円朝まつり’08 

今年も円朝まつりに行ってきた。
円朝まつり
ここは、とある喫茶店です。
こんなかんじでポスターを貼ってあるお店がいっぱい。

先月16日、台東区谷中にある全生庵へ出かけた。
三遊亭円朝という江戸~明治時代にかけての落語家の菩提寺が、このお寺さんなのだ。
ここで行われる寄席と円朝が所蔵していた幽霊画コレクションの展示を、今年も見てきた。

円朝まつりは落語協会主催のものもあるが、この円朝寄席は協会ではなく、地域の観光連盟と実行委員会が主催。地元の商店街が主体となって運営しているのだ。

幽霊画の展示は、8月いっぱい行われているが、寄席は1回だけ。                          この円朝寄席では三遊亭鳳楽さん、三遊亭好楽さん、三遊亭円橘さん の3人による落語(トリは3人で毎年持ち回り)と太神楽や漫談が行われ、(今年は青空たのしさんによる漫談、ハーモニカ演奏だった)商店街協力による楽しい抽選会が、賑々しく行われる。

私、特に落語大好き!というわけではないけれど、五代目志ん生の本やら、円朝さんの伝記やら、落語関係の本を何冊か読んだことでちょっと興味を持った。
伝記には、純粋に感動した。
それに幽霊画コレクションにも興味しんしんだったから。
というわけで、詳細や幽霊画については↓のサイトをご参照。。
円朝まつりとは?

雨の千駄木駅からお寺さんへ向かう団子坂
円朝まつり2
入り口の立て看板
円朝まつり3
会場は全生庵本堂
円朝まつり4
開演45分前の様子(席は自由。今年は最前列ゲット!)
円朝まつり5
席を確保した後は、隣の部屋で幽霊画を鑑賞
展示される絵(掛け軸)は、毎年若干変わります。
円朝まつり6
受付をする実行委員会の人達
円朝まつり7
開演10分位前?
円朝まつり8

午後6時に始まり、休憩をはさみ8時半頃まで。
私は今年で3回目の参加だけど、今年も本堂に入りきらないくらいの沢山の人・人・人!
トリの噺は、円朝さん作の怪談噺。(今年のトリは、笑点でもおなじみの好楽さん。
来年は円橘さんだね。)

地元住民ではない私だけど、谷中界隈のなんともいえない味わいと、下町ならではのあたたかい雰囲気、実行委員を務める商店街のかたがた。
今年は(行かなくても)いいや~、と思いつつ、ついつい出かけてしまうのは、これに尽きるんだなあ。。
これだけ楽しめて、前売り1000円は安いよね。

来年は25年目だって!!すっごい。。
また行ってしまうかも。

楽しかったな、ありがとう!
今年もおおいに笑ったよ




スポンサーサイト

コメント

ステキ

日本の誇れる文化ですね。

こうやって、庶民も気軽に楽しめる所があるんですね!
笑いは大事ですよね♪
また値段も親切価格だしv-290

私は下町育ちなんで、こういう雰囲気好きだな~。
関東だとこち亀を思い浮かべてしまいます(笑)
しかし最前列をGET出来たなんてすご~い!
是非是非来年もv-354

ず~っと大事に続けて欲しいですね♪

KIRIKAさんへ

本当にそう思う!

主催する町の人たちの温もりと、手作り感がね、私を心地良い気持ちにしてくれるんですv-290

こち亀の亀有駅も、同じ沿線にあるんですよお!
駅前には両さんの銅像もあるよ(笑)!

最前は、去年の教訓とオバサン魂全開!でね、ゲットした(笑)!
目の前で聴く噺家さんの声は、すごい迫力でした!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://durango.blog98.fc2.com/tb.php/93-2c02db39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。